あひるなんちゃら次回公演
日程:
  2020/02/13〜19
会場:
  下北沢 OFF・OFFシアター
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
やまだのむら「ヤマダクライマックス」練習開始
今日も、公園に行って自転車乗ってきたんですけども。朝の10時だというのに、もうバーベキューをしてる集団がいまして。しかも、朝とは思えぬハイテンション。何度も聞こえる乾杯の声、笑いながらバドミントンをする男女、燃え盛る炎と肉。ああもう!やっぱりバーベキューしたい!やろう!鶏肉だけでいいから!金と時間がある時に連絡します!(私信)


さて。
昨日から、8月1日から本番の芝居、やまだのむら「ヤマダクライマックス」の練習が始まりました。久しぶりに、他人様の団体で脚本演出をするし、一緒に芝居をするのが初めての人しかいないので、やや緊張感をただよわせながら、見知らぬ練習場所へ向かいました。見知らぬ場所なのに、あひるなんちゃらで練習をしている場所よりも我が家から近い、という奇跡的な状況なので、移動手段は徒歩です。自転車で行くのが逆に面倒なくらい近いんだ、これが。

脚本を読んで、舞台の形をどんなふうにしようか考えて、あとは、どういう風に練習を進めていくのか説明して、終了。近くの激安居酒屋で、やまだのむらの山田と、客演の荻山さん(Smokers)と飲みながら、プロレスの話で盛り上がりました。

荻山さんは、私よりだいぶベテランらしいんですが、とっても親しみやすい人柄なので、私は、すげえ油断して、無意識のうちにタメ口で喋りかけてしまいます、申し訳ない。まだちょっと練習をしただけですけど、ベテランらしくいきなりかなりのクオリティの演技をしてくれていたので、まず芝居的には間違いないだろう、って感じです。なので、安心して、ベテランに頼ろうと思っております。

山田は、どれくらい年下なんだろう、まあ、私よりは10歳くらいは若いんですかね。むさくるしい見た目ですけど、中身は爽やかっていうか、中学生っていうか、そんな感じの人ですかね。なおかつちょっと哀愁とかも漂ってるんで、山田という素材の良さが出たら、いい感じの芝居が完成すると思います。

関村は、練習初日だというのに、財布の中に600円しか入ってなかったために、いきなり超年下の山田に飲み代を借りることになる、というどうしようもないダメ人間ですが、脚本と演出を頑張ります。

他の人たちもそのうち紹介しますが、とにかく、男だらけで、楽しい感じになりそうです。よかったら観に来てやってください!

公演詳細はこちら

関村扱いのご予約はこちらからできます!

芝居は見たいけど、関村扱いで予約するのは嫌だ、という方はこちらからどうぞ

posted by: 関村俊介 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記









この記事のトラックバックURL
http://ahirunanchara.jugem.jp/trackback/3394
トラックバック