あひるなんちゃら次回公演
日程:
  2020/02/13〜19
会場:
  下北沢 OFF・OFFシアター
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
あひるなんちゃら「寒がる寒がり」 学生割引のお知らせ!
あひるなんちゃら「寒がる寒がり」では学生割引を実施しています!

受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)を提示していただけると1000円割引になります。
学生料金は事前にご予約いただくと1000円、予約なしで当日に突然ご来場されると1500円になります。

厳密には学生じゃなくても、演劇関連の養成所とかそういうところに通ってらっしゃる方などの学生っぽい方も学生割引の対象になります。自分は学生っぽいのではないか、という人は、受付でそれを証明するものをご提示していただき受付の者が納得すると学生料金になります!(学生料金になるのかどうか先に知りたい場合は、お気軽にあひるなんちゃらまでお問い合わせください)

また、未就学児童(0円)も予約フォームからご予約可能となっております。
あひるなんちゃらは、老若男女、みなさま楽しんで頂けるお芝居です♪

たくさんの皆さまのご来場お待ちしております!!

★ご予約・公演情報はコチラから!


posted by: 制作・中川加奈子 | 10:36 | comments(0) | - | 公演情報(寒がる)
あひるなんちゃら「寒がる寒がり」(2020年2月13日〜19日)の、ご予約受付開始しました!
あけましておめでとうございます。本年もあひるなんちゃらをよろしくお願いいたします。昨年、全然よろしくしてくれなかったみなさまは、本年こそあひるなんちゃらをよろしくお願いいたします!

というわけで、本日15時より、今年2月の公演のご予約受付を開始しました!マジでよろしくお願いいたします!

こちらから予約できます!
こちらから予約できます!
こちらから予約できます!

3回書きましたけど、どこから予約しても同じです。



第30回下北沢演劇祭参加作品
あひるなんちゃら
「寒がる寒がり」
新しい人たくさんで駄弁芝居、父と娘の73分。

■出演■
篠本美帆
根津茂尚
野村梨々子
笠井里美
笠井幽夏子
黒沢佳奈(火遊び)
佐藤有里子
関彩葉
都志見久美子
依田美玲

■日時■
2020年02月13日(木) 19:30
2020年02月14日(金) 19:30
2020年02月15日(土) 15:00/19:00
2020年02月16日(日) 14:00/18:00
2020年02月17日(月) 19:30
2020年02月18日(火) 19:30
2020年02月19日(水) 14:00/19:30
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※全席自由


■料金■
一般
  予約あり 2000円
  予約なし 2500円

学生
  予約あり 1000円
  予約なし 1500円

※未就学児童は無料
※全席自由席・日時指定・受付時に整理券を配付
※学生料金をご希望の方は公演当日に受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

■予約■
2020年01月01日(水)15時より予約受付開始!
こちらから予約できます!

■会場■
下北沢 OFF・OFFシアター

■スタッフ■
脚本・演出:関村俊介 / 照明:久保田つばさ / 音響:星野大輔(サウンドウィーズ) / 音楽:綱島慎平 / 作詞サポーター:永山智啓(elePHANTMoon) / 舞台にあるもの:コマツバラミワ / WEB:ムー / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:なんわりなんわり、RYU CONNECTION、スターダス・21 / 公式サポーター:日栄洋祐(キリンバズウカ) / 育休:伯美乃里、田代尚子 / 制作:中川加奈子 / 企画・製作:あひるなんちゃら

posted by: あひるなんちゃら | 15:00 | comments(0) | - | 公演情報(寒がる)
2020年2月13日〜19日の公演のタイトルとか内容について。予約受付開始は2020年元日15時!
あひるなんちゃら関村です。2020年2月13日〜19日の、あひるなんちゃらの公演のタイトルは「寒がる寒がり」にしました。

ここ数年は、この時期の公演が3月だったんですよ。3月って微妙な時期で、まだ冬っぽい感じかもしれないし、春っぽくなってるかもしれないし、ちょっと本番直前までわかんないんですよ。で、まあ、別に演劇だから実際の季節とか、そんなに気にしなくてもいいんですけど。それでも、「ああ、やっと暖かくなってきたなあ。春だなあ。」などと思っている時に、猛吹雪の中で遭難する話、とか、あんまり見たくないと思うんですよ。や、猛吹雪の中で遭難する話、とか、ちょとベビーなのであひるなんちゃらではやらないと思いますけど、とにかく、ちょっと冬の脚本を書きにくい状況ではあったんですね。逆に、春の脚本を書いておいた場合は、もしまだまだ冬でも「早く春が来ないかなあ」と思っているお客様もわりといると思いますし、季節を先取りしていて洋服屋さんみたいでオシャレな気がするじゃないですか。ていうか、完全にオシャレじゃないですか。ねえ。自分で書いてて、何を言っているんだろう、とは思ってますし、オシャレとはかなり遠い世界で生きていますけども、とにかくオシャレだから許されそうな気がしていたのですよ。別に、季節感のまるでない脚本を書けばいいだけですし、そういう時もあったんですけど、まあ、そんなわけで、春っぽい内容のことが多かったんですよ。

で、今回、久しぶりに2月、しかも中旬になったので、これはもう冬の設定でやるしかないだろう、と!じゃあそれっぽいタイトルにしよう、と!思いましたので、「寒がる寒がり」というタイトルにしました。寒がりの父親とその娘の話です。

これは、芝居の内容とも関係ないし、書くかどうか非常に迷ったんですけど、本番中に私の誕生日があるんですよ。いや「誕生日プレゼントくれよ!」とか「欲しい物リストはこれです!」とか「ポルカで支援してください!」とかではいっさいなくて(マジで)、私の誕生日ってことは、あひるなんちゃらという劇団の天皇誕生日ってことじゃないですか。じゃあ、祝日ですよ。なので、本番どころか練習も会議も作業もしたことないんですよ。ここ数年は、冒頭に書いたとおり3月に本番があったので、私の誕生日は本番1ヶ月前くらいにやってきていたわけですが、その日は、脚本も書かないようにしてたくらいですよ。本当は脚本を書きたくて書きたくてしかたないのに、我慢して、家でごろごろしてたんですよ。だって祝日だから。そんな日に、本番ですよ。うちの制作スタッフは何を考えているのでしょうか。いや、春の脚本を書くのに飽きてたらから2月に公演したい、って言った自分が悪いんだけど。というわけで、本当はお休みなのに、頑張って劇場に行きますので、どうかどうか、みなさま、この私の心意気を感じていただいて、見に来てください!

2020年1月1日の15時からご予約受付を開始いたします!正月のちょっと空いた時間なんかに予約していただけると嬉しいです!どうぞよろしくお願いいたします!



第30回下北沢演劇祭参加作品
あひるなんちゃら
「寒がる寒がり」
新しい人たくさんで駄弁芝居、父と娘の73分。

■出演■
篠本美帆
根津茂尚
野村梨々子
笠井里美
笠井幽夏子
黒沢佳奈(火遊び)
佐藤有里子
関彩葉
都志見久美子
依田美玲

■日時■
2020年02月13日(木) 19:30
2020年02月14日(金) 19:30
2020年02月15日(土) 15:00/19:00
2020年02月16日(日) 14:00/18:00
2020年02月17日(月) 19:30
2020年02月18日(火) 19:30
2020年02月19日(水) 14:00/19:30
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※全席自由


■料金■
一般
  予約あり 2000円
  予約なし 2500円

学生
  予約あり 1000円
  予約なし 1500円

※未就学児童は無料
※全席自由席・日時指定・受付時に整理券を配付
※学生料金をご希望の方は公演当日に受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

■予約■
2020年01月01日(水)15時より予約受付開始!
こちらから予約できます!

■会場■
下北沢 OFF・OFFシアター

■スタッフ■
脚本・演出:関村俊介 / 照明:久保田つばさ / 音響:星野大輔(サウンドウィーズ) / 音楽:綱島慎平 / 作詞サポーター:永山智啓(elePHANTMoon) / 舞台にあるもの:コマツバラミワ / WEB:ムー / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:なんわりなんわり、RYU CONNECTION、スターダス・21 / 公式サポーター:日栄洋祐(キリンバズウカ) / 育休:伯美乃里、田代尚子 / 制作:中川加奈子 / 企画・製作:あひるなんちゃら

posted by: あひるなんちゃら | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 公演情報(寒がる)
関村個人企画in福岡2019、終わりました。と、明日あひるなんちゃらの次回公演のこと書きます。の話。
あひるなんちゃら関村です。なんかぼやぼやしているうちに、あひるなんちゃら関村個人企画in福岡が終わってから1週間が経ってしまいました。

福岡の役者で作ってもらったほうは、私もすごく楽しく見れました。なんですかね、福岡っぽいなー、っていうか。ああいう形で芝居を成立させるのって、実は難しいんですよ。で、東京ではああいう芝居をあんまり見ることができないんですよ。あんまり東京のトレンドに毒されてなくて、本当に、楽しかったです。
東京の役者で作ったほうは、福岡でも受け入れてもらえて、よかったなあという感じです。あえて、福岡で新作をやることにしたので、少し不安もあったんですけど、逆に、私としても新鮮な気持ちで脚本を書けたし、なんか、普通に東京でやってたらこういう芝居にはならなかっただろなあ、新作やることにしてよかったなあ、と思っております。あ、そんなわけで、「ラグランジュブランチ」を2020年4月くらいに、東京でも上演しようと今、動いています。

で、公演中にふと「なんだかとっても芸工大っぽい芝居ができたなあ」と思ったんですよ。芸工大っていうのは、九州芸術工科大学のことなんですけど。私はそこの演劇部で、芝居を始めたんですね。なので、先輩たちが作る芝居を見て育ったし、ああいうのを作れるようになりたいなあ、と思っていたんですよ。それから長い時間が経過しましたけど、まあ、なんですかね、私の芝居は、全然芸工大っぽくならないんですよ。なので、もはやその点については諦めていて、好きにやればいいや、とここ10年くらいは思ってたのですが、なんか、急に今回、できてましたね。や、あくまでも私の個人的な感想ですけど。





改めまして、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。今回は、先輩後輩友人たちに支えていただいて、なんとか公演できました。たぶん来年も、お世話になりまくって、公演をすると思います。なので、お客様も、先輩も後輩も友人も、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて。
昨日から、来年2月の、あひるなんちゃらの公演の練習が始まりました。えー、たぶん、チラシが都内の劇場では折り込まれ始めてると思うのですが、ネットには全然、何も、書いてなかったので。明日、またブログ書いて、タイトルとか、どんな芝居にしようと思っているのか、とかを書きます。あと、今日のブログはなんか、普通に真面目なことしか書かなかったので、明日は少しは面白いことを書けるように頑張りたいと思います。

posted by: 関村俊介 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
関村個人企画in福岡。2019年12月13日〜15日。の話。2
ここ数年は、毎年健康診断で「痩せろ」という結果が出てたので、かなり本気でダイエットをしまして。今年の健康診断で、医者からお墨付きをもらったうえで、福岡に行って心置きなく暴飲暴食を楽しもうと思っていたのです。

去年の秋と比べると、なんと5キロも痩せていたので、私は昨日、自信満々で健康診断の結果を聞きに病院に行きました。ドキドキ。

「○○検査、問題ありませんでした。」「はい。」「××も問題なし。」「はい。」「この数値がちょっと高いですね。」「はい。」「この数値も。」「はい。」「これもちょっと。」「はい。つまり?もしかして、太り過ぎですか?」ドキドキ。

ここで去年までは「痩せましょう!」と言われていたわけです。

「関村さん。」「はい」「お酒を減らしましょう!」

「やった!ダイエットの成果が完全に出ている!!!!」と、一瞬、顔がほころんだのですが、いや、ちょっと待って。「福岡で、暴食はやれるけど、暴飲ができない!」

そんなわけで、非常にショックな結果だったわけなのですが、福岡公演はちゃんとやります。というか、節度を持って酒を飲もう、本当に。

というわけで、12月13日〜15日の福岡での公演の話でございます。
福岡の役者たちでやる演目についてはこの間書いたので、今度は東京在住の役者でやるほうについて書きます。

出演は、鈴木朝代、と、生見司織、と、私です。私のことは、まあ、いいとして。

鈴木朝代は、去年の7月の個人企画in福岡(あひる実験室20周年公演)の時も東京から参加してもらってた役者です。去年の公演で福岡のみなさまに気に入ってもらえたようだったので、もう1回連れて行きます。他にも「福岡での公演に参加したい!」という役者はたくさんいるので、毎回鈴木を連れて行くわけにもいかなくなって、今回で最後になるかもしれません。いや、わかんねえ、なんだかんだで毎回鈴木を連れて行く流れになるかもしれないけど。まあ、まだ若いんで、もっと大きな仕事で福岡に行ける役者になってほしいと思っていますし、期待している役者でございます。

生見司織は、福岡出身だし、学生時代は福岡で演劇をやってたので、それなりに昔から福岡の演劇を見ている方はご存知かもしれませんね。私も見たことだけはありました。九州産業大学演劇研究部にいたんですよ、生見は。当時の九産大の演劇といえば、意味も無く白塗りだったり、奇声を発したり、とにかくはちゃめちゃで独特で面白かったっていう印象なんですけども、今はどんな感じなんですかね。私はそんな生見と東京で出会いまして、もちろんすでに白塗りはしない生見になってまして、私がやってる劇団に出演してもらったこともあったんですけども、最近は、ちょっと一緒に芝居してなかったんです。というのも、生見は映画とかもやり始めたので、そっち頑張りなよ、って感じで。でも、プライベートでは酒を飲みに行ったりしてまして、そこで「福岡で公演やろうと思っててさー」なんて話をしたら「私も福岡に行きたい!友達にも見てほしいし!あと、最近映画を見て私を知ってくれた人とかもいるし!」と言い出したので、出演をお願いしました。

こんなメンバーで新作の芝居を作って、福岡に持っていきます。タイトルはチラシにも「新作」としか書いてなくて未定だったのですが「ラグランジュブランチ」に決めました。チラシはすでに印刷して、いろんな劇団さんの公演に折り込みさせていただいたり、ゆめアールとかに置いてあったりしますので、このタイトルは別にそんなに押し出していかないですけど、まあ、いちおうそういうタイトルです。

タイトルよりも、重要なのは新作であるということで。私みたいに普段東京で活動している人が、新作を他の土地でやることってあんまりないわけですよ。「お前の新作に、そんなに価値とか無いだろ」という声が聞こえてきましたけども。ほら、でも、なんか、新作じゃない場合は、ある程度、評価とか決まっちゃってるじゃないですか。ちょっと検索すれば感想も見付かるし。だから、新作やったほうが、わくわく感があるんじゃないかな、と思ったんですよ。どうですかね?まあ、そんなことを思いまして、新作をやります。

なので、普通は、新作を東京でやって好評だったら福岡に持って行く(大きな劇団だと最初から福岡に行くことは決まってるけど、だいたいツアーが東京から始まる)、という形になるのですが、今回は逆です。東京でやるかどうかわかりません。そういう公演も、あんまりないだろうな、と思ったけど、よく考えたら「そういうのが見たかったら普通に福岡の劇団の公演を見ればいいんじゃねえ?」という、非常に当たり前の答えが出てしまったので、一回忘れてください。

まあでも、とにかく新作をやります!いや、新作ってやっぱり、地元でやりたいものなんですよ、なんか想定外の出来事があった時に対応しやすいじゃないですか、地元のほうが。でも、私は、東京でも福岡でも定期的に公演をしていきたいと思っているので、まあ、そのための第一歩という感じです。なのでどうか、みなさま、応援よろしくお願いいたします、というか、見に来てくださいお願いします。まだまだ席、ありまくりです!ご予約お待ちしております!

-----
あひるなんちゃら関村個人企画in福岡
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」と「ラグランジュブランチ」

■脚本■
関村俊介(あひるなんちゃら/あひる実験室)

■演出■
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」
福永郁央(あなピグモ捕獲団)

「ラグランジュブランチ」
関村俊介(あひるなんちゃら)

■出演■
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」
大竹謙作(あなピグモ捕獲団)
ケニー(非・売れ線系ビーナス)

「ラグランジュブランチ」
鈴木朝代
生見司織
関村俊介(あひるなんちゃら)

■日時■
2019年12月13日(金) 19:30
2019年12月14日(土) 15:00/19:00
2019年12月15日(日) 14:00/18:00
※受付開始、開場は開演の30分前。

■料金■
予約すると 2000円/予約しないで当日いきなりくると 2500円
※全席自由席・日時指定

チケット予約
ご予約はこちらからできます。
※最終予約受付は公演2時間前までとさせていただきます。
※公演当日はご予約頂いたお客様から優先してご案内致します。当日の定員を超えますと、 ご入場頂けない場合がございますので、ご予約されることをお勧め致します。
※ご予約申し込み時に、携帯電話のメールアドレスをご使用の場合、こちらからの返信メールが受信拒否されてしまう可能性があります。「ahirunanchara.com」ドメインの受信が可能なように設定・登録していただきますようお願い致します。

■会場■
リノベーションミュージアム冷泉荘
(福岡県福岡市博多区上川端町9番35号)

■お問い合わせ■
nekoha@ahirunanchara.com

■スタッフ■
照明:西本正明(Lighting P&A) / 制作協力:クロキカオリ / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:イマジネイション / 公式サポーター:ume



posted by: 関村俊介 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
あひるなんちゃら次回公演は2020年2月13日〜19日です!出演者が決まりました!
あひるなんちゃらの次回公演の出演者は以下のとおりです。

篠本美帆
根津茂尚
野村梨々子
笠井里美
笠井幽夏子
黒沢佳奈(火遊び)
佐藤有里子
関彩葉
都志見久美子
依田美玲

というわけで、劇団員以外は、全員あひるなんちゃら初登場です!皆様のご来場を心よりお待ちしております!

■日時■
2020年02月13日(木) 19:30
2020年02月14日(金) 19:30
2020年02月15日(土) 15:00/19:00
2020年02月16日(日) 14:00/18:00
2020年02月17日(月) 19:30
2020年02月18日(火) 19:30
2020年02月19日(水) 14:00/19:30
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※全席自由


■料金■
一般
  予約あり 2000円
  予約なし 2500円

学生
  予約あり 1000円
  予約なし 1500円

※未就学児童は無料
※全席自由席・日時指定・受付時に整理券を配付
※学生料金をご希望の方は公演当日に受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

■予約■
2020年01月01日(水)15時より予約受付開始!

■会場■
下北沢 OFF・OFFシアター


さらに詳細な公演情報はこちら

posted by: あひるなんちゃら | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 公演情報(寒がる)
関村個人企画in福岡。2019年12月13日〜15日。の話。
あひるなんちゃら関村です。
私は、今、自宅で、最近話題の檸檬堂(缶酎ハイ)を飲みながら、ハートキャッチプリキュア(アニメ)を観賞しております。本当、何やってんだろ。こんなによくわからない大人になるなんて夢にも思わなかったなあ。いや、檸檬堂もハートキャッチも最高だけど。

さて。そんな私はですね、12月に福岡で個人企画の公演をやるんですよ。去年の7月以来です。

前回は、私が昔福岡でやってた団体の復刻版みたいな出し物と、最近東京でやってる個人企画で作った二人芝居、という構成だったんですけど、今回は芝居二本立てです。

せっかく福岡まで行くので、福岡でしかできないことをやろうと思いまして。二本のうち片方は、福岡の役者たちと芝居を作ってみることにして、大竹謙作(あなピグモ捕獲団)とケニー(非・売れ線系ビーナス)に出演をお願いしました。

大竹とは、福岡に住んでる頃から知り合いではありまして。もう20年近く前だと思いますけど、演劇部の後輩と飲んでたら「別の大学で演劇やってる友達です」みたいな感じで紹介されたんです。その時の大竹は、大橋の居酒屋(たしか、すえ勝)で凄い尖った発言(今ならネットにさらされて即炎上するレベル)を連発してまして「どえらい人物が福岡学生演劇界に現れたな!」と思いましたね、100%悪い意味で。まあ、店にやってきた時点で大竹はベロンベロンに酔っ払ってたんで、その時のこと覚えてるか知らんけど。

そんな大竹がいつの間にか、ちゃんとした役者になってて、あなピグモ捕獲団になってて。私は、なんか一緒にできたらなあ、といつからか思うようになってたんですよ。なので、この機会に誘ってみることにしたんです。

でも、良く考えたら大竹の連絡先を知らなかったんですよ、私。なので、あなピグモ捕獲団を見に行ったついでに誘えばいいか、って感じで、去年の11月に福岡行ったんですよ。で、見まして。そしたら、ケニーがすごい良くて。ケニーとかなれなれしく言ってるけど、その時点では喋ったこともほとんどなかったんですが。まあ、とにかく良くて。ああ、個人企画の出演者、大竹とケニーでいいじゃんってなりまして、即オファーしました。

そんな感じなんで、ケニーが何者なのか全然わかってなかったんですけど、非・売れ線系ビーナスなんですよね。まさか非・売れの人と芝居することがあるなんてねえ、何があるかわかんないですね人生。そりゃハートキャッチプリキュア見ながら酎ハイ飲むよくわかんない大人になることもありますよ。

というのも、あなピグモ捕獲団は、大学の先輩がやってる劇団なんで、私とはズブズブの関係ですけども、非・売れ線系ビーナスは、私が福岡から東京に帰った直後くらいの時期に誕生してて「なんか旗上げするなりノリノリでいい感じに人気が上昇しているよ。」みたいな噂だけ聞いてたんですよ。そんな話聞いたらねえ「えー?よくわかんないけど、なんか嫌いだな!」って言うじゃないですか、私みたいな器の小さな人間は。だから、自分が非・売れの人と芝居する将来が来るなんて、本当、びっくりです。いや、あの、あれですよ、当たり前だけど本当は嫌いじゃないですよ。でも「嫌いだな!」って言ってた人に、所属の役者を貸してくれないじゃないですか、普通は。器のでかい劇団ですよ、非・売れ線系ビーナス。や、主宰の田坂くんがこのことを知らないだけかもしれないけど。でも、たぶん、そういう噂ってすぐ広まるから聞いたことありそうなんだよなあ。どうなんだろ。まあ、とにかく、ご協力ありがとう!こんな私ですけども心から反省しておりますので、非・売れ線系ビーナスファンの皆様も是非見に来てください!よろしくお願いします!

というわけで、ご予約はこちらからできます。

そんなこんなで、役者も決まったところで、なにしろ私は福岡に住んでないわけですから、どうやって練習するかな、ということを考えた結果。先輩劇団あなピグモ捕獲団の福永郁央大先輩に二人の練習を見てもらうことにしました。まあ、丸投げするのもどうかと思ったので、最終的には私も早めに福岡に行って練習に参加して、意見とか言うので、二人で演出する感じ?になるかなあ、と思います。でも、わかんない、福永さんが作ったまんまでいくかもしれないっす。尊敬してる演出家なんで。しかも、あなピグモ捕獲団の照明を作っているこれまた大先輩に照明をお願いしております。なので、あなピグモ捕獲団ファンの皆様も是非見に来てください!よろしくお願いします!

というわけで、ご予約はこちらからできます。

ずいぶん長くなっちゃったので、もう一本の東京で作って持って行く芝居については、また今度。

福岡の皆様!よろしくお願いいたします!とにかく見に来て!

-----
あひるなんちゃら関村個人企画in福岡
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」と「新作(タイトル未定)」

■脚本■
関村俊介(あひるなんちゃら/あひる実験室)

■演出■
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」
福永郁央(あなピグモ捕獲団)

「新作」
関村俊介(あひるなんちゃら)

■出演■
「猫は地球を見て美しいと思わないよ」
大竹謙作(あなピグモ捕獲団)
ケニー(非・売れ線系ビーナス)

「新作」
鈴木朝代
生見司織
関村俊介(あひるなんちゃら)

■日時■
2019年12月13日(金) 19:30
2019年12月14日(土) 15:00/19:00
2019年12月15日(日) 14:00/18:00
※受付開始、開場は開演の30分前。

■料金■
予約すると 2000円/予約しないで当日いきなりくると 2500円
※全席自由席・日時指定

チケット予約
ご予約はこちらからできます。
※最終予約受付は公演2時間前までとさせていただきます。
※公演当日はご予約頂いたお客様から優先してご案内致します。当日の定員を超えますと、 ご入場頂けない場合がございますので、ご予約されることをお勧め致します。
※ご予約申し込み時に、携帯電話のメールアドレスをご使用の場合、こちらからの返信メールが受信拒否されてしまう可能性があります。「ahirunanchara.com」ドメインの受信が可能なように設定・登録していただきますようお願い致します。

■会場■
リノベーションミュージアム冷泉荘
(福岡県福岡市博多区上川端町9番35号)

■お問い合わせ■
nekoha@ahirunanchara.com

■スタッフ■
照明:西本正明(Lighting P&A) / 制作協力:クロキカオリ / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:イマジネイション / 公式サポーター:ume



posted by: 関村俊介 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
あひるなんちゃらニュース97 根津茂尚客演情報
あひるなんちゃらの根津茂尚が客演します。
お時間ありましたら是非ご覧ください。

------------------------

serial number
『コンドーム0.01』



日程◎2019年10月25日(金)〜31日(木)

作・演出◎詩森ろば

出演◎
田島亮(serialnumber)
森下亮(クロムモリブデン)
碓井将大
根津茂尚(あひるなんちゃら)
杉木隆幸(ECHOES)
酒巻誉洋
佐野功
岡野康弘(Mrs.fictions)
藤尾勘太郎

日時◎
10月25日(金)19時30分
10月26日(土)14時/19時★
10月27日(日) 14時/19時★
10月28日(月) 19時30分
10月29日(火) 14時★/19時30分
10月30日(水) 19時30分
10月31日(木) 13時/18時
★…終演後、アフタートークあり

会場◎
下北沢ザ・スズナリ

チケット◎
前売 4300円 当日4500円 ほか

詳細はこちらのサイトをご確認ください。

posted by: 制作・中川加奈子 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | あひるなんちゃらニュース
今週末は関村個人企画!10月5日と6日だよ!
あひるなんちゃら関村です。

今週末、個人企画、本番です。あと数日か。
いつでも個人企画は突発的なものなので、宣伝する時間があんまりなかったりしてるんですけども、いつも以上に「あれ?誰もやること知らないんじゃね?」って感じ、要するに予約が全然入ってないので、非常に焦っておりますよ。いや、全部、私が悪いんですけども。



というわけで、みどころというか、今回の企画について書いていきます。

個人企画はですね、そもそも「俺の個人ユニットを立ち上げるぞ!」みたいなしっかりした気持ちがあって始まったわけではなくて、なんだかぬるっと始まったんですね。だからなんでそういうことになったのかはあんまり覚えてないんですけども、今回改訂して再演する「猫は地球を見て美しいと思わないよ」という最初の頃に書いた脚本以降は、新しい個人企画用の脚本を書く時には、なんとなく繋がった脚本にしてたんです。具体的には、「猫は地球を見て美しいと思わないよ」に出てきた男のその後の話が「ワタナベの自伝」で、息子の話が「コラプサー」で、甥と姪の話が「夏休みの思い出〜ケープカナベラル編〜」で、孫の話が「スカイスクレイパー」と「魚座はラッキー、素敵な出会いが待ってるかも。」なんですよ。まあ、別に、繋がってるって言っても、設定が繋がってるだけで、単独で見てもわかるように書いてるし、他のも見てると楽しさ倍増みたいな仕掛けを全然してないので、わざわざ宣伝で言ったりしてなかったんです。

まあ、で、そういう感じで書いてる途中から、これがある程度たまったら、再演ばっかりやってもいいんじゃないかな、とか思い始めまして。実際に今後再演ばっかりやるかはわかんないんですけども、とりあえず、今回はこのシリーズの原点である「猫は地球を見て美しいと思わないよ」を再演してみることにしたんです。もちろん、そのままじゃなく、少し書き直して。ほら、書いてから何年か経過してるので、あの時よりは、俺、脚本書くのうまくなってるはずだから。

で、出演するのが、堀靖明と私になりまして、さらに考えた結果。見終わった時の印象が初演の時とはこういう感じで違ったら、すでに見たことがある人も楽しいのではないかというようなことも考えたりしてまして、まあ、どこまではっきりと違いが出るかは、本番になってみなきゃわからないところもあるんですが、見たことある人でも楽しめるように考えてますので、見たことある人も無い人も、是非とも見に来てほしいなあ、と思っております。

なんだか、真面目な文章になっちゃいましたけど。内容は、結局、気軽に見て愉快に思ってもらえればいいなあ、って感じのやつですんで、安心して見に来ていただければ。どうぞよろしくお願いします!

公演情報
-----
あひるなんちゃら関村個人企画
「猫は地球を見て美しいと思わないよ〜改定版〜」

出演
堀靖明/関村俊介(あひるなんちゃら)

タイムテーブル
10月5日(土) 17:00/20:00
10月6日(日) 14:00/17:00/20:00

場所
Live space anima

料金
予約あり 1800円
予約なし 2000円

上演時間
50分くらい

ご予約はこちらからできます!
----

もっと詳しい情報はこちら!

posted by: 関村俊介 | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
「シュカシュカ」ご来場ありがとうございましたの話。と、あひるなんちゃら次回公演の話。と、もうすぐ個人企画やりますの話。
あひるなんちゃら関村です。
「シュカシュカ」終わりました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

芝居を見に行くと脚本とか演出よりも役者のほうをよく見てます。私はあひるなんちゃらで、脚本とか演出とかを担当してるわけですが、わりと「役者が面白いからどうにかなるだろう」という考え方でやってるんですよ。いや、もちろん、真面目にやってますよ、脚本と演出も。でも、キャスティングに一番力を入れてると言っても過言ではありません。そんなわけで、間違いないとわかっている人だけに出演をお願いし続けた結果、ここ数年は同じような出演者陣で毎回お送りしてたわけなんです。それはそれで安定して私が面白がれる芝居を作れるのでいいんですけども、それじゃあ、あまりにも変化がなさすぎるだろうとも思い、今回はオーディションなるものを実施しまして、5人の新しくて若い役者さんに出演してもらったのでした。

オーディションはオーディションであって本番ではないので、練習をして本番を迎えた時にその人がどうなっているのかはわかりません。なので、最終的には、はっきりいって私の勘で選ばせてもらったようなもんなんですが、その責任を取るのも私なので、いつもみたいに「とりあえず適当に脚本書いたから、みんな後はよろしくー」ってわけにもいかないのですよ。いや、いつもも真面目にやってますよ、脚本と演出も。でも、ほら、いつもよりは、なんていうんですかね、なんか演出したな、って感じでした。まあ、結果的には、新しいみんなも期待にこたえてくれまして、楽しい公演になったと思います。もちろん、盛り上げてくださったお客様のおかげでもあります。繰り返しになりますが、ご来場ありがとうございました。

で、それで調子に乗ったわけではないのですが、次回のあひるなんちゃら(来年2月)は、さらに新しい役者さんたちに出演してもらうどころか、劇団員以外の出演者は全員あひるなんちゃら初登場の人にしようと思っています。いつもの面々が見たいよう、ってご意見もあるとは思うのですが、ちょっともう一回冒険してみます。お楽しみに。


ところで。私、あひるなんちゃら関村個人企画というのをやってまして。気が向いた時にいきなり小規模な公演をする企画なんですけども。まあ、数日前にあひるなんちゃらが終わったばっかりなんですが、今から2週間後に公演やります。上のほうの文章における「いつもの面々」の1人である堀靖明と、関村(この文章を書いてる人)の二人芝居です。お時間ありましたら、是非。

公演情報
-----
あひるなんちゃら関村個人企画
「猫は地球を見て美しいと思わないよ〜改定版〜」

出演
堀靖明/関村俊介(あひるなんちゃら)

タイムテーブル
10月5日(土) 17:00/20:00
10月6日(日) 14:00/17:00/20:00

場所
Live space anima

料金
予約あり 1800円
予約なし 2000円

上演時間
50分くらい

ご予約はこちらからできます!
----

もっと詳しい情報はこちら!

posted by: 関村俊介 | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記