あひるなんちゃら次回公演
日程:
  2020/02/13〜19
会場:
  下北沢 OFF・OFFシアター
Category
New Entries
Profile
Recent Comment
Archives
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
「シュカシュカ」舞台音声販売のお知らせ!
あひるなんちゃら「シュカシュカ」公演まであと20日を切りました!

今公演も音声販売を実施します。
是非お買い求めください!

公演当日の会場にて、毎公演、直前まで上演していた本番の音声データ(mp3形式)を終演後に劇場ロビーで販売致します!
さっきまでそこでやっていた芝居の音を、その場で販売してしまおう、ということです。お値段は500円!観劇の記念に、是非お買い求めください。

※販売方法は、終演後のロビーにて、パソコンからデータをなんらかの記憶媒体にコピーする、という販売方法になります。USBメモリなど、データを入れるものをご持参ください。

また、あひるなんちゃら側でも、USBメモリをご用意しておきますので、それに入れて持ち帰ることも可能です(USBメモリは別料金となります)。

------------------

ご予約絶賛受付中ですよー!!

★ご予約・公演情報はコチラから!



posted by: 制作・中川加奈子 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 公演情報(シュカ)
2名様以上でのご予約でオリジナルシール差し上げます!
今回のあひるなんちゃら公演「シュカシュカ」では、2名様以上でご予約いただいた場合、ちょっとしたあひるなんちゃらオリジナルシールを差し上げます!

2名様以上のご予約の場合、ご来場のお客様人数分の枚数を受付にてお渡しします。

ちょっとしたオリジナルシールは、現在鋭意作成中ですのでお楽しみに♪
この機会にぜひお誘いあわせのうえ、ご来場お待ちしております!

----------------------------

こちらよりご予約絶賛受付中です!!

★ご予約・公演情報はコチラから!




posted by: 制作・中川加奈子 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 公演情報(シュカ)
本日(8月7日)20時より「シュカシュカ」ご予約受付開始です!本番は9月12日から16日に駅前劇場にて!
8月7日20時より、あひるなんちゃら公演「シュカシュカ」のご予約の受付を開始します!

こちらから予約できます!

予約をすると500円もお得でございます!
明日から練習が始まります。どんな感じになるでしょうか。たぶんいつもの感じに新鮮さが加わった感じになると思います。面白くなるよう精進しますので、是非ともご予約を!

こちらから予約できます!

こちらから予約できます!

こちらから予約できます!

3つも予約フォームへのリンクをはりましたが、3つとも全く同じものです。予約してほしいという気持ちから、全く同じのを3回書きました。もちろん、予約するだけじゃなくて、見に来てくださいね!


以下、公演情報です

-----
あひるなんちゃら公演
「シュカシュカ」



■出演■

根津茂尚
篠本美帆
田代尚子
野村梨々子

石澤美和
市川賢太郎(肉汁サイドストーリー)
上松コナン(暮らし)
おがわじゅんや(MCR)
川久保晴
辰木さえ
田村かなみ
ヒガシナオキ(gekidanU)
松木美路子
ワタナベミノリ(ECHOES)

■脚本・演出■

関村俊介

■日時■

2019年09月12日〜16日

2019年09月12日(木) 19:30★
2019年09月13日(金) 15:00/20:00
2019年09月14日(土) 15:00/19:00
2019年09月15日(日) 14:00/18:00
2019年09月16日(祝) 15:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。
※全席自由
★…終演後、初日イベントあり。イベント内容はそのうち発表します。

■料金■

一般
  予約あり 2000円
  予約なし 2500円

学生割引
  予約あり 1000円
  予約なし 1500円

※未就学児童は無料
※全席自由席・日時指定・受付時に整理券を配付
※学生料金をご希望の方は公演当日に受付で学生であることを証明できるもの(学生証など)をご提示ください。

■予約■
しつこいようですが、ご予約はこちらからできます!

■会場■

下北沢 駅前劇場
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル 3F
03-3414-0019
※下北沢駅、小田急線「東口」・京王井の頭線「中央口」より徒歩3分。


■お問い合わせ■

info@ahirunanchara.com
03-5945-3533 (あひるなんちゃら)
※電話は公演期間中には受付に転送されますので公演当日もお気軽にお問い合わせください。

■スタッフ■
照明:久保田つばさ / 音響:星野大輔(サウンドウィーズ) / 音響操作:櫻内憧海 / 音楽:綱島慎平 / 作詞サポーター:永山智啓(elePHANTMoon) / 舞台にあるもの:コマツバラミワ / WEB:ムー / 宣伝美術:デザイン太陽と雲 / 協力:なんわりなんわり、イマジネイション、ECHOES、RYU CONNECTION / 公式サポーター:日栄洋祐(キリンバズウカ) / 育休:伯美乃里 / 制作:中川加奈子 / 企画・製作:あひるなんちゃら

-----

最後にもう1回書いておきますね。

こちらから予約できます!

posted by: あひるなんちゃら | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 公演情報(シュカ)
やまだのむら「ヤマダクライマックス」明日から本番!と、今ハマってるアイス、の話。
LOOKっていうチョコレートがあるじゃないですか。4種類の味が楽しめるあのチョコです。私は、あんまり甘い物を食べない家庭の子供だったんですけど、LOOKだけは小さい頃に食べた記憶がしっかりあるんです。父親がパチンコで勝った時はだいたいいつも獲ってきてくれてたから。

でも、私はあの4種類の味のうち、バナナしか好きじゃなかったんです。正直、バナナしか食べたくない。他の味とかどうでもいいんだけど、お菓子といえども、食べ物は残さない教育を受けてるから、全部食べなきゃいけないわけです。だから最初の3種はもうほぼ飲みこんで、最後にバナナ味をゆっくり楽しんでました。4種の味を楽しんでなくて、本当、LOOKを作ってる人にはごめんなさいなんだけど、私にとってはそういう食い物だったんです。

で、この間、発見したんですけど、そんなLOOKと赤城乳業がタッグを組んで「LOOK チョコレートアイスバー バナナ」なるアイスが発売されてたのです。バナナだけを楽しめる!奇跡!

もう食べる前から美味しかったんですけど、食べても美味しかったんで、最近はこればっかり食べてます。

「LOOK チョコレートアイスバー バナナ」を食べながら、本番頑張ります!や、本番始まったら俺は、ぼんやり芝居をみるだけで、頑張ることなんかほぼないんですけどね。


つーわけで、明日から本番です。

今は、山田と野村が公演会場で客席を作ったり、舞台を作ったりしてると思います。私はまだ家です。ゆっくりでいいと言われたので。ずいぶん偉そうだな、俺よ。

で、今、私は家で何をしているのかというと、まあブログを書いてるんですけども、それと同時に、脚本を印刷してるんですよ。いや、役者に渡すやつじゃなくて、会場で売ろうかと思って。最近、あひるなんちゃらの公演でも脚本を売ってるんですけども、はっきり言って別にそんなに売れないんで「何部しか売れなかったのかは聞きたくない!」みたいになってて、それでも報告されてしまう実際の売れた数については、記憶から消してるんですね。その結果、今、どれくらい印刷していけばいいのか、わからなくて困っています。売れ残ったら、紙もったいないからなあ。

公演詳細はこちら

関村扱いのご予約はこちらからできます!

芝居は見たいけど、関村扱いで予約するのは嫌だ、という方はこちらからどうぞ

posted by: 関村俊介 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
やまだのむら「ヤマダクライマックス」本番まであと1週間!
3月の終わり頃から順調にブログを更新できていたのに、いきなり止まってしまった。

私のブログの更新を止めるもの、それは、ゲームでもパチンコでも酒でもなく、演劇でした。演劇っていうか、脚本ね。脚本書いてる時だけはどうにもならなかった。まず、あんまりブログに書くような出来事が起こらない。起こったとしても「これ脚本に使えるかも」などという貧乏根性が発動して、ブログに書く気がしない。ドラクエ8はクリアして裏ボスも倒して本当のエンディングまでしっかり見たくせに(総プレイ時間55時間)、ブログだけは書けなかったのです。

というわけで、脚本も書き終わりまして。本番まであと1週間となりました。やまだのむら「ヤマダクライマックス」。

こう、いつもの環境と違って、役者のみんなもはじめましての人ばっかりなんで、どうなることかと思ってたんですが、徐々にちゃんと本番に向けて面白くなってきてるので、あと1週間で、きっちり仕上げて、いい感じに愉快な芝居をお見せできるのではないかなあ、という感じです。まあ、本番が楽しみですね。

公演詳細はこちら

関村扱いのご予約はこちらからできます!

芝居は見たいけど、関村扱いで予約するのは嫌だ、という方はこちらからどうぞ


で、これからは、ブログの更新が活発になると思うじゃないですか、それがですね、あれなんですよ、やまだのむらが終わったら、即あひるなんちゃらの9月の公演の練習が始まるんですよ。ええ。だから、また止まるかもしれません。でも、とりあえず、近いうちに「今ハマっているアイスの話」をブログに書きたいと思っています。

posted by: 関村俊介 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
あひるなんちゃらニュース96 野村梨々子客演情報


あひるなんちゃらの野村梨々子が客演します。
お時間ありましたら是非ご覧ください。

------------------------
クリム=カルム
『群盗=滅罪』

日程◎2019/07/24 (水) 〜 2019/07/28 (日)

演出◎sola
脚本◎西荻小虎

出演◎
山田亮
小沼枝里子
華奈
工藤沙緒梨(カプセル兵団)
長田咲紀
野村梨々子(あひるなんちゃら)
いわみりかこ
石川琢康
柊みさ都
竹之内勇輝(BEGLADPRODUCE)
稲葉葉二

日時◎
7/24(水) 19:00
7/25(木) 14:00/19:00
7/26(金) 14:00/19:00
7/27(土) 14:00/19:00
7/28(日) 12:00/17:00

会場◎シアター711

チケット◎
前売3500円 当日4000円

詳細はこちらのサイトをご確認ください。

posted by: 制作・中川加奈子 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | あひるなんちゃらニュース
やまだのむら「ヤマダクライマックス」練習中
8月1日から本番の、やまだのむら「ヤマダクライマックス」、の練習をやってます。

なにしろこの公演の顔合わせまでは、喋ったこともない役者さんたちなので、練習を見ながら、脚本を書いてるんですけども、今、だいたい半分くらいですかね。半分は超えたか。や、いつも練習を見ながら脚本書いてるけど、いつもよりも、じっくり見てから書いてますね。なので、最初のほう(全員出てくるまで)を書いておいて、練習初日を迎えまして、しばらく見てたらですね、なんですかね、ちょっと今「早く続き書かないとやることねえよ」みたいな感じになってきちゃってまして、私は1人で焦ってるんですけども、逆に出演者側からすれば、練習そのものは順調、といっていいでしょう。しかも、あと3週間くらいあるし。

そういえば、焦ってるって言ってるわりには、ドラクエ8のプレイ時間が40時間を超えました。いやあ、おそろしいゲームです。ドラクエのせいで、脚本の進みとかにはそんなに影響出てたりはしませんけども、ブログの更新に思いっ切り影響出てますね。ここ数日、完全に忘れてました、ブログのこと。

さて。前に出演者の紹介を書いたなあ、ってことを思い出したので、続きを書きます。


塩原さんは、しっかり者ですね。芝居以外のこともちゃんとできる人だ、っていうタイプだと思います。わりといるんですよ「こいつ芝居さえしてなきゃ稼いでただろうなあ」っていう人。や、もちろん芝居もしっかりしてますし、芝居してるのにすげえ稼いでるかもしれないけど。私の脚本はまともな人がほぼ出てこないんで、全部演技でやらなきゃいけないから大変だとは思うんですが、今のところなんの心配もないですね。

津枝さんは、ただのお調子者だと思ってたんですけども、練習の最初のほうで「普段の津枝さんでその役をやってみるとどうなります?」って言ってみたら、めっちゃ暗くてびっくりしました。で、最近わかったんですけど、ちゃんといろいろ計算できる人なんですね。顔合わせの飲み会の時の印象でお調子者だと思っちゃってたけど、この人もちゃんとした人でした。

野村は、飲み屋で甘い物ばっかり食べてます。それ以外は謎って感じですかね。いろいろ読めませんね。すごい現代っぽい人なんじゃないかなあと思います。良いとか悪いとかでなく、これが現代人です、っていう感じ。脚本で、そういう人物像に寄せたりはしてないんですけど、結果的に芝居は現代っぽいのが出来上がりそうな気がします。


というわけで、この3人と、この間紹介した山田と荻山さんを加えた5人の男たちでわいわいやっております。引退したばっかりのプロレスラーとそれと同居してる友達の話です。プロレス知らなくても全然大丈夫な話ですので、みなさま、よかったら見に来てください。よろしくお願いします。

公演詳細はこちら

関村扱いのご予約はこちらからできます!

芝居は見たいけど、関村扱いで予約するのは嫌だ、という方はこちらからどうぞ

posted by: 関村俊介 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
ばくだん岩のカケラ
自分でも信じられないのですが、たった4日でドラクエ8のプレイ時間が24時間を超えました。どんだけやってんだよ、暇人かよ。78時間もかかるのかよ、とか言ってた(数日前のブログ参照)わりには、あっという間に100時間くらいプレイしてしまいそうで怖いです。

特に一昨日は、久しぶりに何の予定もない日だったので、がっつりプレイさせていただいたんですが、最終的にいろんな間隔がマヒしてきて、ヤメ時がわからなくなりました。眠いんだけど、いつ止めていいのかわからない、このイベントが終わったら寝ようと思ったんだけど、気付いたら次のイベントが始まっている、といったような感じです。どんなタイミングだろうと眠くなったら、リレミトしてルーラして教会でセーブしてやめればいいんですけども、そういう普通のことがわからなくなってましたね。

で、ドラクエ8には錬金釜というものがありまして、そこにいくつかのアイテムをぶち込むと、別の何かになることがあるのです。これを使って、簡単には買えないような装備品を手に入れて序盤からゲームを有利に進めたりできる、といったようなシステムになっていて、素敵なアイテムを作るために直感やセンスで釜に入れるアイテムを選んでるととんでもない時間がかかってしまうので、本棚とかを調べることによりヒントやレシピを手に入れられるようになっています。

結構序盤からずっと錬金したかったアイテムに、「まどうしの杖」と「ばくだん岩のカケラ」を2つ使って作る杖がありました。まどうしの杖はすでに買ってあるし、ばくだん岩のカケラも1つは持っています。あと1つばくだん岩のカケラを手に入れたら作ろうと思っていたのですが、なかなか手に入らずにいたのです。

眠いのにいつ止めたらいいのかわかんないよう、となっていた私の頭脳が、その杖のことを思い出して「よし!今日は、その杖を作れたら、速やかにセーブしてゲームを終了し寝ることにしよう!」と決断してくれました。よかった、これで寝れる。

あとはばくだん岩のカケラを手に入れるだけです。

「ばくだん岩のカケラ」という名前からわかるように、ばくだん岩を倒せば手に入ることがあるのでしょう。記憶を頼りに、ばくだん岩が出現する場所に移動します。あっさりとばくだん岩が登場、そして簡単に倒せます、まあ、それでいきなりカケラを手に入れられるほど甘くありません。2回、3回、とバトルをしても、まだ手に入りません。それくらいのことはわかっています。でも、いつかは出るのです。と、どんどん戦って、気付いたら1時間が経過していました。おい!いつになったら出るんだよ!眠いよ!助けて!

まさか「ばくだん岩は、ばくだん岩のカケラを持っていない」などという、ひっかけがあったりするのか…?いや、でも、天下のドラゴンクエストだぞ?子供もやるゲームにそんな極悪なしかけはないだろう。でも…。と、不安になった私は、インターネット調べることにしました。ゲームの進行とあんまり関係ない部分(こういうちょっとしたデータとか)は調べてもいいことにマイルールでは決まっています。すると、ばくだん岩は、倒した時に、8分の1で「岩塩」を落とし、64分の1で「ばくだん岩のカケラ」を落とすことがわかりました。64分の1ね、了解、当てられる当てられる、パチスロで言ったらスイカくらいの確率でしょ、全然余裕じゃん。って、もうすでに1時間やって出てないけど、そろそろ当たる頃合いだろ。と、このばくだん岩殺しを続行することにしました。

それからは、もう、確率を知っているので「出ろ!64分の1!」と念じながら、倒します。倒した後に「ばくだん岩はたからばこをもっていた」と表示されたらチャンス。祈るようにボタンを押すと「岩塩を手に入れた」と表示されます。うん、そうだよね、岩塩の確率のほうが高いからね。わかってるわかってる、でも、そのうち出るんだよ、カケラが。

それから、夜中に部屋で一人「岩塩かよ!」「岩塩!」「岩塩て!」「また岩塩!」「岩塩!この野郎!」などなど、様々なパターンで岩塩を罵ること10回以上、深夜2時にようやくばくだん岩のカケラを手に入れることができました。そしてすぐ寝ました。

本当、あっという間に100時間くらいプレイしてしまいそうで怖いです。

posted by: 関村俊介 | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
いまさらドラクエ8
アンジュルムの新メンバーが発表されましたね。と、いきなりタイトルと全然関係ないことを書きましたけども。まあ、その発表の様子の動画を見たり、動画を見てからダッシュで来月頭に本番のやまだのむらの練習に行ったり、終わったらまっすぐ帰ってきて動画の続きを見たりしてたのですけども。

それらが終わってから、中古屋で購入したドラクエ8を始めたんですよ。しかもプレステ2のやつ。

ドラクエ8は、たしか発売された時にすぐに買ってクリアして、ソフトはたぶん超極貧の時に売っちゃったんですね。で、最近になって、4と5と6と7をやり直したので、次は8をやり直そうと思って、中古屋で買い直したんですよ。

プレステ2とか長年動かしてなかったんで、いろいろ忘れてたんですけど。あれってセーブデータをメモリーカードに入れるんですよね。で、ドラクエ8を始めようとするじゃないですか。そしたら、メモリーカードにクリアデータが残ってたんですよ。そのデータのところに、プレイ時間が「78:18」って書いてあって。まさか78分18秒なわけないので、これはつまり78時間ってことですよ。えー、ドラクエ8ってそんなに長いの!?って思って。私の性格からして、クリアした後にやりこんだりしてないと思うので、普通にクリア(もしかしたら裏ボスみたいのも倒してるかもしれないけど)するのに、それだけかかるってことだと推測されるんですよ。

冒頭にも書いたけど、来月の頭に芝居の予定があって、さらにその次の月にあひるなんちゃらもあるから、はっきり言って暇じゃないんですよね。暇じゃないのに、ドラクエ8ったら、主人公であるところの私が誰なのかわかんないところから物語が始まるんですよ。それで、1時間やっても、なんかふんわりしたことしか判明しないわけ。やめられないじゃないですか。しかも、なんか、フィールド上にいきなり強いヤツがいたりするし、最初のボスにも瞬殺されるし。暇じゃないから、早く終わらせたいんだけど、やっぱり78時間かかるような気がしてならないんですよ。どうしたらいいんでしょうか。

やめればいいんだよ。わかってるんだけどなー、続きが気になっちゃってるんだよなー。

posted by: 関村俊介 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記
あの店に行ってカレーを食べてみて、まずいから。
「あの店に行ってカレーを食べてみて、まずいから」と、友人に言われたのです。

そう言われて、食べに行くバカなどいないと思うんですよ。いや、少しはいるかもしれないか。そういえば、昔々、ダウンタウンの番組とかで紹介されてた日本一まずいラーメン屋さんっていうのがありましたね。テレビで見て行った人はわりといそう。まあでも、それはテレビだからであって、友達に言われたら、行きませんよ、テレビよりは信用してるから。だから「いや、絶対食べねえし。」と答えていたんですけども、本日、食べました。

しつこいくらいに「食べろ」と言われて、それと同じ回数「まずい」という言葉を聞いて、それを頭の中で反芻しているうちに、興味がわいてきてしまったからです。そして、たまたまその店のある土地に行く用事があったからです。

私が知ってる情報は、まずい、ということのみなので、店頭でまず驚きました。そのカレーが620円もしたからです。いや、別に高くないけど「だったら松屋で創業ビーフカレーを食べたい。」と強く思いました。

さらに見本をよく見てみると、カレーの横に「ポークカレー」と書いてあります。ビーフじゃないんだ。いや、私は牛肉が豚肉よりも上とか思ってないタイプの人間ではあるんですが、ほとんどのお店においてポークカレーよりビーフカレーのほうが値段が高いですよね。なので「だったらココイチでポークカレー1辛400グラムを食べたい。」と強く思いました。

しかし、近くに松屋やココイチがあるわけでもないし、私はすでにその店のテリトリーの中に入ってしまっていました。店員さんが「いらっしゃいませ。こちらの席へどうぞ。」と言っています。ちゃんとした店員さんであることにまた驚きました。こんなちゃんとした人がまずいカレーを私に運んでくるとは思えなかったからです。天使の顔をした悪魔とはこのことでしょうか。

「…ポークカレーをください。」ついに注文してしまいました。この期におよんでも、まだ私は「でも、カレーがまずいことなんかあるのか?」と考えていました。そもそもカレーをまずく作るなんていうことが可能なのでしょうか。市販のカレールーを入れるだけで、そこそこの味のカレーは誰でも作れるのに。あるとしたら、こだわりすぎてまずくなったパターンです。たとえばスパイスにこだわり過ぎてなんか変な味になってるとか。でも、さきほど見た見本の感じだと、本当にどこにでもあるようなカレーなのです。

やがてカレーが運ばれてきました。まだ普通です。なんなら、あの、ほら、カレーを入れる魔法のランプみたいなやつ(どこかで名前を聞いたことがあるんだけど、忘れた)にカレーが入っていて、ちょっと高級そうです。しかも、まあまあのサイズの肉がゴロゴロと入っていて、620円とは思えない見た目です。なんだ、さてはあいつ、軽いドッキリを俺にしかけてきたんだな。そりゃそうだよ、カレーがまずいわけないんだよ。と、思いながら、食べ始めました。

…うん、うん、なるほど、確かに美味しくはない。あれ?でも、なにこれ?俺、今、何を食べてるんだっけ?いやカレーなんだけど。なんとも微妙に思ってるカレーと違う気がする。というか美味しくない。豚肉も「なんだよこの肉、超固いよ」というほどではないんだけど、微妙に固くて、味が薄い。でも、食べられないことはない。でも、だんだん「たしかにこのカレーはまずい」という気持ちになってきたな。っていうか、本当にまずいわ。うん、まずいまずい。なんだこれ。不思議。こんなことあるんだ。

食べた瞬間に「まずっ」ってなるのを想像してたけど、そうではなくて、こういうことだったのか、この不思議な感覚を体験してほしくて「あの店に行ってカレーを食べてみて、まずいから。」と、あいつは私に言ったのか、なるほどねえ。と、納得はしたんですけど、まあ、でも、なんですかね、620円損した、という気持ちは消せませんでしたね。そういう味でした。

で、嘘だと思われそうだけど、家に帰ってきたら、母親がいつものそこそこの味のカレー(隠し味、とか、ちょっとひと工夫、とかないやつ)を作ってました。本当に。普段だったら「昼もカレーだったから、それは明日食べるわ。」ってなるんですけども、今日ばっかりは食べました。そこそこの味のカレー、って美味しいんだなあ、と思いました。お母さんありがとう!

posted by: 関村俊介 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 雑記・日記